更屋敷の家

軒先を低く押さえ、2階の広さ、高さと屋根勾配を検討しながらプロポーションを整えた
建物と一体となったゲートを設けた。コンクリート打ち放しの塀がアクセントになっている
司令塔のようなキッチンを望まれた。いろいろ検討したうえ、こだわりを実現するためにオーダーキッチンを採用。レンジフードキッチン背面に仕込んだ。
キッチンから直線的に、パントリー、洗面(洗濯)、脱衣(室内物干)に繋がっていく動線。近くに大容量の収納も確保。
曲線を描く階段。コンパクトに納めながらもゆとりある雰囲気を演出している。
登り梁に鼻母屋を掛け、軒を大きく出した。

美しさと機能性

伸びやかなに敷地に建つ。2階に十分な広さを持ちながら断面計画の工夫で低く落ち着いて佇まいを作り出す。内部は直線的な家事動線、家族の共用のワークスペース、司令塔のようなキッチンなど、美しさを保ちながら機能面を充実させた。

用途:専用住宅
構造・規模:木造2階建
竣工年:2009年階建
エリア:岐阜県神戸町