三重探訪

建物を設計するとき、参考になる建物を実際に体験しに行く。
格子壁のカーポートの設計時には、三重の熊野古道センター、南三陸町のあさひ幼稚園、美濃市の森林文化アカデミーなどを実際に体験してきました。住宅の設計中でも、参考なるものがある、となれば実際に見に行くようにしています。
遊んでいるように思えるかもしれませんが、とても大事なことだと考えています。だいたいは忙しく、プレッシャーの中で行くことになるわけです。出掛けるきっかけになることはちょうどいいのですが。
というわけで今回は近場、志摩、海の博物館(設計:内藤廣)、伊勢、せんぐう館(設計:栗生明)、この二つを見てきました。

まずは志摩
海の博物館


うーん、やっぱりいい。どんなに時間が経って、錆びようが汚れようが、それでいいよ、と許容してしまう骨太感。展示エリアの大空間に空調が見当たらなかったのでスタッフの方に聞いてみると、よく知らないけど、ないと思う。とのこと。さすが。PCコンクリートの収蔵庫も有名ですが今回はこちらがメイン。

そして伊勢へ

外宮のほうにあります。外観もさることながら、展示方法の狙いが明確でドラマチックでとてもよかった。展示内容も興味がそそられるいいものでした。

というわけで、現在の課題である”切妻の大屋根”の建物を見てきました。

  •  
  •  
  •  
  •