「火山のふもとで」


横内敏人さんのブログで紹介されており、さっそく図書館でかりて読んでみました。
ある設計事務所に勤めることになった若者を主人公にした小説ですが、
その設計事務所の建築家は吉村順三がモデルになっています。
読んでいる途中、吉村さん周辺の建築書、評伝を読んでいるような錯覚が・・・
吉村さんにはこんなエピソードがあったのか・・・・いやこれは小説だな?
ためになることもたくさんあり、とても楽しく読ませていただきました。

  •  
  •  
  •  
  •