SAN設計室の想い

住まい手に寄り添う

家づくりには様々な要望と決められた予算があります。その資金を上手に生かし、希望を最大限にかなえるためのお手伝いをします。男女2人の建築士がそれぞれの目線で住まい手の希望を整理していきます。施工者とは独立した立場で住まい手の利益を第一に考え最後まで楽しい家づくりとなるよう設計監理を行います。

木を活かす

SAN設計室では、住宅から中大規模まで、身近な材料である「木」を活かした設計を得意としています。
エネルギー資源の乏しい日本で身近にある「木」を循環可能な資源ととらえ、魅力的に活用していきたいと考えています。