住宅見学IN京都

ふたたび「住宅建築」の住宅見学会。今回は京都にて。
吉村篤一さんの自邸、蔵改修の現場、松ヶ崎のギャラリーという住宅を見学してきました。
いつものことながら、実際に見る、空間を体験することの重要さ。

それはさておき久しぶりの京都。まず…

六曜社でコーヒーとドーナツ。これは定番中の定番。そして…

やはり百練。ここで飲むのが好き。京都に来たらほぼ寄ってしまう。昭和の雰囲気漂う店内、野球中継、漬物、旨い肴、ビール。飾り気はまったくない。この店の魅力はよくわからないけど、熟練したおっさん臭さ、手練れ感というのか、酒飲みにとってほかに何がいる、といった感じだろうか。私は少し嗜む程度で全然酒飲みという域には達していないけど、この店が酒飲みを満足させる内容だということは想像できるし、あえてそういう店で飲むと通にでもなった感じがしてくる。敷居は低く、私のような若造でも平気で入れるし、気どったところがない。
京都行が決まると、どのように百練をからめた行き先を組むか、ということが私にとっては重要。今回は日帰りで16時解散だったので明るい時間に行くことになった。
後ろ髪を引かれながらも1時間半ほどで切り上げ、進々堂(定番)でパンを買って帰りました。

  •  
  •  
  •  
  •